SSブログ
前の10件 | -

「うちの3姉妹 2」松本ぷりっつ [読書レポート]


うちの3姉妹 2

うちの3姉妹 2

  • 作者: 松本 ぷりっつ
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2006/09/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



ぷりっつ電子文庫 うちの3姉妹(2)

ぷりっつ電子文庫 うちの3姉妹(2)

  • 作者: 松本 ぷりっつ
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2014/02/18
  • メディア: Kindle版



「うちの3姉妹 2」松本ぷりっつ
5・3・1歳の3姉妹の個性的な日々の記録

読了日:2020.3.13
分 類:エッセイ
ページ:127P
価 格:950円
発行日:2006年10月発行
出版社:主婦の友社
評 定:★★★+


●作品データ●
---------------
テーマ : 子育てエッセイ
語り口 : -
ジャンル: エッセイ
対 象 : 一般向け
雰囲気 : 明るい日常
---------------

【100字紹介】
長女・フー(5歳)、次女・スー(3歳)、三女・チー(1歳)の 3姉妹が織りなす愉快な日々を、 漫画家の母が文章と漫画で楽しく報告してくれる エッセイブログをとりまとめたもの。 3姉妹との楽しい日々を満喫しよう

5~1歳の3姉妹の観察ブログをとりまとめたもの第2弾です。

5歳の長女・フーは一応長女らしく、責任感があり、まじめで、慎重な性格。
だけど、天然(著者曰く「おっぺけぺ」)。
3歳の次女・スーは自由人。でも意外に妹には弱い。
1歳の三女・チーは、食べるの大好きな「まんま小僧」。
そしてその言動から、「社長」とも…。

第1弾から、特に変更点はありません。
でももうすぐ、長女のフーちゃんは入学かな?
1巻を読んで、いいなあ、こういう記録、、、と思い、
菜の花もやってみようかな?と書いていましたが、
ようやく準備が整いました。

プロの漫画家さんのようには面白く書けないだろうし、
同じように人から注目されるとはまったく思えませんが、
こうして記録していくことで、
自分自身が子どもをより観察するようになるでしょうし、
今までだったら「こら!」と怒ってしまうだけだったことが、
「あれ、これ、面白い?」という別の視点も得られるのでは、
と期待しています。

このあとがきにもありますしね。

「三女が、ハミガキ粉をいっぱい出して口のまわりを真っ白にしているとき、
 「ダメでしょ!」と叱って口のまわりをふいたらそれで終わりだけど、
 そこで「じいさんかよ!」ってツッコむだけで「ボケ」と「ツッコミ」が成立して、
 ネタになる(笑)。」

そこでネタにする余裕があるかないか、というのは
育児をする上でとても重要な気がします。
心に余裕があるから出来るのではなく、
それをすることで心に余裕が出来る。
そんな日々を目指したいと思います!


---------------
文章・展開 :★★★+
簡 潔 性 :★★★★
学 術 性 :★★
独 自 性 :★★★★
読 後 感 :★★★+
---------------


うちの3姉妹 2

うちの3姉妹 2

  • 作者: 松本 ぷりっつ
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2006/09/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



ぷりっつ電子文庫 うちの3姉妹(2)

ぷりっつ電子文庫 うちの3姉妹(2)

  • 作者: 松本 ぷりっつ
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2014/02/18
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

「毎日をちょっぴりていねいに暮らす43のヒント」金子由紀子 [読書レポート]


毎日をちょっぴりていねいに暮らす 43のヒント

毎日をちょっぴりていねいに暮らす 43のヒント

  • 作者: 金子 由紀子
  • 出版社/メーカー: すばる舎
  • 発売日: 2004/09/13
  • メディア: 単行本



「毎日をちょっぴりていねいに暮らす43のヒント」金子由紀子
忙しくても自分らしい暮らしのためのヒント

読了日:2020.2.22
分 類:エッセイ
ページ:199P
価 格:1400円
発行日:2004年9月発行
出版社:すばる舎
評 定:★★★


●作品データ●
---------------
テーマ : 暮らし
語り口 : 一人称(私)
ジャンル: エッセイ
対 象 : 一般向け
雰囲気 : 心豊かな暮らし
---------------

【100字紹介】
毎日、時間がなくて慌ただしく流されて暮らす、 何だか生活が楽しくないあなたへ。 時間があればていねいに暮らせるのではなく、 ていねいに暮らせば時間ができる。 最初はほんの小さなことから。そんなヒントを拾おう。

仕事に勉強に人の世話に家事、とにかく毎日、時間がなくて大変。
あわただしい日々のうちに、暮らしはどんどん雑になる。
これでも毎日回ってはいるんだけれど、何だか楽しくない。
いつか時間が出来れば、もっと私らしく、ていねいな暮らしができるのにー。
でも、そんな日はいつまでたってもやってこない。
だったら、こちらから迎えにいこう。
時間はないけどとりあえず、「ていねいに暮らす」をやってみる。
最初はほんの小さなことから。
時間があればていねいに暮らせるのではなく、
ていねいに暮らせば時間ができる。
(「はじめに」より抜粋)

そんな暮らしの著者なりのヒントが書かれたエッセイ。
43のヒント、ということですが…、、、
それぞれの項目タイトルを見ると、これはヒントなの???という感じで、
手引書的な部分はほぼないという感じです。
その意味で、43という数字に意味はないし、
拾い読みして参考にする本ではないですね。
通読して、あちこちにちりばめられた「ヒント」を拾い歩く感じで、
参考書的な位置づけではなく、エッセイとして読むべきでしょう。

内容は、なるほど、そうだよね、というような実感がありますが、
だからといって著者の実践していることが自分に合うかどうかは別問題で、
いや、それはちょっと…というのもありますし、
え、そういうときにそちらへいくの?というところもあります。
こうこうこうだから、こうしよう、の最初の部分は「うんうんうん!」となるのに、
そのあとの結論が「え!?」となるような。
その辺は個人差ですかね…。

でも自分の暮らしを見つめ直すきっかけと、
そして小さなヒントを拾うには良い本だと思います。

ちょっとだけ、ていねいに暮らしてみようかな、と
今の暮らしを見直す契機になりました。


---------------
文章・展開 :★★★
簡 潔 性 :★★★
学 術 性 :★★
独 自 性 :★★★★
読 後 感 :★★★
---------------


毎日をちょっぴりていねいに暮らす 43のヒント

毎日をちょっぴりていねいに暮らす 43のヒント

  • 作者: 金子 由紀子
  • 出版社/メーカー: すばる舎
  • 発売日: 2004/09/13
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

●「うちの3姉妹 1」松本ぷりっつ [読書レポート]


ぷりっつ電子文庫 うちの3姉妹(1)

ぷりっつ電子文庫 うちの3姉妹(1)

  • 作者: 松本 ぷりっつ
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2014/02/18
  • メディア: Kindle版



「うちの3姉妹 1」松本ぷりっつ
5・3・1歳の3姉妹の個性的な日々の記録

読了日:2020.2.21
分 類:エッセイ
ページ:127P
価 格:950円
発行日:2006年5月発行
出版社:主婦の友社
評 定:★★★★


●作品データ●
---------------
テーマ : 子育てエッセイ
語り口 : -
ジャンル: エッセイ
対 象 : 一般向け
雰囲気 : 明るい日常
---------------

【100字紹介】
長女・フー(5歳)、次女・スー(3歳)、三女・チー(1歳)の 3姉妹が織りなす愉快な日々を、 漫画家の母が文章と漫画で楽しく報告してくれる エッセイブログをとりまとめたもの。 3姉妹との楽しい日々を満喫しよう

5~1歳の3姉妹の観察ブログをとりまとめたものです。

5歳の長女・フーは一応長女らしく、責任感があり、まじめで、慎重な性格。
だけど、天然(著者曰く「おっぺけぺ」)。
3歳の次女・スーは自由人。でも意外に妹には弱い。
1歳の三女・チーは、食べるの大好きな「まんま小僧」。
そしてその言動から、「社長」とも…。

元がブログのため、1ページを縦2分割して、左側を上から下、
右に行って上から下、と読んでいく形。なるほど。
母が漫画家ということで、文中に入ってくる絵が分かりやすく読みやすく、そして面白いです。

我が家も3姉妹で、同じ年齢差(夏になったらこの1巻とまったく同じ5歳・3歳・1歳)なので、
知人に勧められて読み始めましたが、ああ、何かいいな、と。

まずインプットとして著者のお母さん、よく見ていらっしゃる。
日々の忙しさに流されて、自分はこんなに見ているかな?と反省。
そしてアウトプットとして素敵に記録として残していて。

後から出版年を見て、おや、と思ったのです。
平成18年!
10年以上も前じゃないですか。
ということは、この三姉妹は今、どうしているのか…!?
気になってぐぐってみたら、何とこのブログ、まだ存在していました!
幼稚園児だった長女さん、美大生になっていて、成人式まで終わってた…!
いや、何か凄く…感慨深くなりました。。。

でもいいね、これ。
こういう成長記録…と。

うちも真似して、菜の花さんちの三姉妹、でも書きたくなりました。
が、これは母が漫画家だから描けるんですよねえ…。
文字情報の中に入ってきている数コマの漫画部分がとにかくよいのです。
なので、文章しか書けない菜の花では、
そんな大したものは書けないだろうなあ…。
でも面白そうだなあ…。やってみようかなあ…。
でもそもそも時間ないなあ…。
いや、この前読んだ本に書いてあったよ!?

「でもでも…と言わずに、本当に自分がやりたいことをやるのが大事!」

…うーん、検討してみますか。


---------------
文章・展開 :★★★★
簡 潔 性 :★★★★
学 術 性 :★★
独 自 性 :★★★★
読 後 感 :★★★★
---------------



ぷりっつ電子文庫 うちの3姉妹(1)

ぷりっつ電子文庫 うちの3姉妹(1)

  • 作者: 松本 ぷりっつ
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2014/02/18
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

●「たった1分で人生が変わる片づけの習慣」小松 易 [読書レポート]


たった1分で人生が変わる 片づけの習慣 (中経の文庫)

たった1分で人生が変わる 片づけの習慣 (中経の文庫)

  • 作者: 小松 易
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/07/15
  • メディア: Kindle版



「たった1分で人生が変わる片づけの習慣」小松 易
片付け上手は生き方上手。片付けを習慣化!

読了日:2020.2.20
分 類:一般書
ページ:205P
価 格:1300円
発行日:2009年12月発行
出版社:中経出版
評 定:★★★★


●作品データ●
---------------
テーマ : 片付け
語り口 : 一人称(私)
ジャンル: 一般書
対 象 : 一般向け
雰囲気 : モチベーションを上げる
装 丁 :荻原 弦一郎
---------------

【100字紹介】
身のまわりを片付けると、人生が好転し始める… 片付けで多くのものや情報をうまく消化し、活かし、 更には新しいモノや情報が入ってくる場所を作ることで、 ステキな人生の循環を作り出すお手伝いをしてくれる解説書。

片付け…したいです。
なかなか難しいのですが。
本書は、そのモチベーションを上げて、コツとヒントをくれる本。

著者は、その手のセミナーを開催する「かたづけ士」。
トランクひとつで過ごした留学経験から、モノが少ない方が生活が充実している…?
と気付いてその道を志した…というか、開拓したようです。
人生、何があるか分かりませんね。
今ではこういうセミナー、大人気なのではないでしょうか。
学校では片付けの仕方を教えてくれない、と言いますが、
是非必修科目にして頂きたいくらいです。

本書は三部構成です。

Lesson1 人生が変わる!「片づけ」のはかりしれないパワー
Lesson2 意外と知らない 片づけの基本とコツ
Lesson3 もうリバウンド知らず!片づけを習慣化する方法

1でモチベーションを上げ、2で実践、3で後処理、ですね。
よく片付いた構成です(笑)。
1は、この本を手に取る人なら「へー」くらいで流し読みで良さそう。
長い前置きだなあ、くらいで。
2では、

出す→分ける→減らす→しまう

を基本とするけど、減らせない人はこう考えようとか、そんな感じで。
あとは一気にやらない、少しずつのエリアで上を繰り返そう、
片づけの「聖域」を作る、「保留箱」を作り、期限も決める。
というところでしょうか。

3では習慣化のための章。習慣化するには毎日1分でもいいですが、
とにかく21日間続けて「やらないと何となく気持ち悪い」くらいに
してしまうとよいとか。なるほど。

とりあえず、少しずつでも基本の手順を回していきたいなあと思いました。
より良き人生のために、頑張ってみます。
あと、やっぱりインプットするばかりはダメだなあと(Lesson1による)。
こうやって、本を読んだらアウトプットもしないと、という
モチベーションにもなりました。
むしろそちら方向に背中を押されてありがたかった本でした。


---------------
文章・展開 :★★★
簡 潔 性 :★★★★
学 術 性 :★★
独 自 性 :★★★★
読 後 感 :★★★★
---------------


たった1分で人生が変わる 片づけの習慣 (中経の文庫)

たった1分で人生が変わる 片づけの習慣 (中経の文庫)

  • 作者: 小松 易
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/07/15
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

●「叱らない子育て」岸見一郎 [読書レポート]


叱らない子育て: アドラーが教える親子の関係が子どもを勇気づける!だからやる気が育つ!

叱らない子育て: アドラーが教える親子の関係が子どもを勇気づける!だからやる気が育つ!

  • 作者: 岸見 一郎
  • 出版社/メーカー: 学研パブリッシング
  • 発売日: 2015/02/10
  • メディア: 単行本




アドラーが教える親子の関係が子どもを勇気づける!だからやる気が育つ! 叱らない子育て」岸見一郎
心理学者の語るアドラー心理学による子育て

読了日:2020.1.29
分 類:一般書
ページ:207P
価 格:1300円
発行日:2015年2月発行
出版社:学研パブリッシング
評 定:★★★


●作品データ●
---------------
テーマ : 子育て
語り口 : 一人称(私)
ジャンル: 一般書
対 象 : 子育て世代向け
雰囲気 : 易しく
デザイン・DTP・装丁:三輪明日香
イラスト: 十二亜希子
---------------

【100字紹介】
共著「嫌われる勇気」がベストセラーとなった心理カウンセラーによる、 アドラー心理学の子育ての解説。 叱らない、褒めない、子どもをリスペクトして勇気づけ、 課題を分け、自立を助ける…子育てする親のための参考書


NHKのアドラー心理学に関する番組に出演しているのを
見たことがある著者さんです。
共著の「嫌われる勇気」「幸せになる勇気」も拝読させて頂きました。

そのときから、アドラー心理学は全面的に受け入れて実践するのは
大変難しいと感じているのですが、それでも参考になる部分が多く、
「こういうのがアドラー心理学にあったな…」と、
自分の思考の途中で思い出しては、考えの軌道修正をしたりするのに
結構役立っていると感じます。

そして現在、ついつい声を荒げて怒ってしまうことも多々ある、
4歳を筆頭にした3姉妹の子育て中の菜の花としては、
これは読んでおいて損はないだろう、と手に取りました。

主張は多くない…と思います。
ざっくりまとめてしまうとこんな感じでしょうか。

ひとつ。子どもは自分を注目してほしい。
叱られるようなことをして注目をひくならば、叱ってはいけない。
普段からきちんと注目していればそんなことはしないはず、
もっと子どもを注目してあげよう。


それから。
子どもをひとりの人間として対等に接しよう。
つまりリスペクトしよう。
リスペクトしていれば、上から目線に「褒める」なんてしないはず。
だから褒めてはいけない。


更に。
子育ての目標は自立支援。
親の課題と子どもの課題は分けて考えよう。
勉強しない子ども、その結果は誰に降りかかる?
勉強するのは子どもの課題。
無理に勉強させようとしてはいけない。
勿論、した方がよいのだから、それを「助言」はするべきだ。


…こんな感じでしょうか。
色々拾い漏らしているかもしれませんが、
最後まで読んで、ちゃんと記憶に残っているのはこれくらいかな。

…ある程度の方針として心掛けたいとは思いますが、
やっぱり全部そのまま受け入れるのは難しそうです。
ひとつめも、ごもっとも、とは思いますが、
それ以外でも叱られることはしますよね。
0歳児は注目をひきたくて何かしているわけではないですし、
自分が子どもの頃でも、親に怒られることでも
やらかしてしまったことは結構あります。
何となく、面白そうだったから、とか。
あとで、まずい、隠せ!ってなるのは、
親の注目をひきたいがゆえの行動ではありませんよね。
でも子どもはそういうこともしますから、必ずしもあてはまらないわけで。

うまいこと、良いところは取り入れつつ、
思考の参考に組み込んでいきたいと思います。


---------------
文章・展開 :★★★
簡 潔 性 :★★★★
学 術 性 :★★
独 自 性 :★★★★
読 後 感 :★★★
---------------


叱らない子育て: アドラーが教える親子の関係が子どもを勇気づける!だからやる気が育つ!

叱らない子育て: アドラーが教える親子の関係が子どもを勇気づける!だからやる気が育つ!

  • 作者: 岸見 一郎
  • 出版社/メーカー: 学研パブリッシング
  • 発売日: 2015/02/10
  • メディア: 単行本




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

●「つい悩んでしまうがなくなるコツ」石原加受子 [読書レポート]

「つい悩んでしまうがなくなるコツ」石原加受子
あなたが楽になるために、問い直すべきこと


「つい悩んでしまう」がなくなるコツ

「つい悩んでしまう」がなくなるコツ

  • 作者: 石原 加受子
  • 出版社/メーカー: すばる舎
  • 発売日: 2009/09/11
  • メディア: 単行本



「つい悩んでしまう」がなくなるコツ

「つい悩んでしまう」がなくなるコツ

  • 出版社/メーカー: すばる舎
  • 発売日: 2009/09/11
  • メディア: Kindle版


読了日:2020.1.27
分 類:一般書
ページ:223P
価 格:1400円
発行日:2009年9月発行
出版社:すばる舎
評 定:★★★★


●作品データ●
---------------
テーマ : 自己啓発
語り口 : 「あなた」への語りかけ
ジャンル: 一般書
対 象 : 一般向け
雰囲気 : 穏やかな
ブックデザイン:石村 紗貴子
イラスト: 石村 紗貴子
---------------

【100字紹介】
カチンときた一言が何日も忘れられない、 失敗を何度も思い返してしまう…迷いが消えないあなたへ、 心理カウンセラーが具体例を交えて優しく語る、「自分中心の心理学」。 無理しない、ガマンしない、すっきり人生へ!


最近に限らず、いつも悩める菜の花なのですが、
表紙を見て興味を持ち、手に取りました。
表紙の左下にあるものがほぼ、
この本の要約と言ってもいいかもしれません。
とても上手なブックデザインだな、と。

本全体は、心理カウンセラーから悩める「あなた」への語りかけです。
身近な「あるある」の例示が巧みで、押し付けられ感が少なく感じました。
こういうところが流石、心理カウンセラーです。プロですね。
タイトルからして、心が弱ってきている人が読むものですから、
あんまりぐいぐいこられると、途中で投げ出されてしまいそうですし。

この本の教えるところは、「自分中心になる」「自分を愛する」という主張。
「えー!そんな自己中だらけの世界嫌だよー」と最初、思いましたが、
読み進めてみるとなるほどなあ、と。
決して、自己中心的になりなさい、というわけではないのです。
まあ、ある程度はそうなのですが、そういうものじゃないというか。
考え方の範囲が違うと申しましょうか。

個人的には、「自分がほんとうにしたいことをする」が
凄く響きました、はい。
「でも」ではなく「じゃあ」を使う、
そんな思考グセに変えていけたらいいですね。

図書館で借りた本ですが、ときどき読み返してみたい気がするので、
自分で入手しようかなと思うくらいでした。

全部を取り入れなくても、一歩を踏み出せる良いものを拾えたらラッキー。
そんな気持ちで読むと、更に良いかもしれません。
心が少し、軽くなりました。


---------------
文章・展開 :★★★★
簡 潔 性 :★★★★
学 術 性 :★★★
独 自 性 :★★★★★
読 後 感 :★★★★★
---------------


「つい悩んでしまう」がなくなるコツ

「つい悩んでしまう」がなくなるコツ

  • 作者: 石原 加受子
  • 出版社/メーカー: すばる舎
  • 発売日: 2009/09/11
  • メディア: 単行本



「つい悩んでしまう」がなくなるコツ

「つい悩んでしまう」がなくなるコツ

  • 出版社/メーカー: すばる舎
  • 発売日: 2009/09/11
  • メディア: Kindle版




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

2カラーおえかきせんせい [日常とか雑感]

最近、おえかきがたのしくて仕方ない長女・めえぷる氏。
クレヨンに目がないのですが、
あちこち書かれたり汚されるのが泣けます…。
「水で落ちるクレヨン」なるものも買ってみたのですが、
やっぱり汚れてしまう…。
やめてー、賃貸の白い壁紙を赤くするのはー!

そこで、マグネット式のおえかきボードなら、
ボード以外には描けないからいいじゃない!と思い、
まずは100円ショップで買ってきてみました。

想像以上の食いつきっぷり!
100円でこれなら大満足!
…と思いきや、あっという間(1日)で壊しました…。
100円ショップ…。

仕方ないのでお誕生日プレゼントに、もっとお値段のする、
大きいのを買うことに。
最初に見たのはこれ。


アンパンマン 天才脳らくがき教室

アンパンマン 天才脳らくがき教室

  • 出版社/メーカー: アガツマ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



特長的なのは、アンパンマン型のマグネットが付属しており、
上手にぽん、とおせばそれだけでアンパンマンが画面にスタンプ出来るというところ。
現在、空前のアンパンマンブームが吹き荒れているめえぷる氏には、
絶対受ける!と思ったのですが、よくよく思い出してみると
そういえばよくいく小児科の待合室に同じものがありました。
食いつきも良く、悪くないのですが…意外にアンパンマンには反応が少なかったかも。
しかも、小さい子にはこのマグネットを持って
横に動かすことなく、上から1回だけポンとおして…というのは難しく、
自分ではアンパンマンをスタンプすることが出来ませんでした。
すぐに横にごしごしするので、ただの黒い塗りつぶしが出来るばかり。
あと、アンパンマンってある時期にいきなり「卒業」すると
お子さまをもつ友人たちが言ってました。
長い目で見ると、一種の「飽き」がくるのかな…。

で、売り場で隣にあったのがこれ。


2カラーせんせい

2カラーせんせい

  • 出版社/メーカー: タカラトミー
  • メディア: おもちゃ&ホビー



え!2色!?ホントに?
何というか、自分の方がテンション上がりそうです。

かなり迷いましたが、2カラーのせんせいをお買い上げしました。

結果として、大変お気に召して頂けました。
良かったです。

思った以上に薄型でした。
また、かなりくっきり文字が書けます。
小児科にあったアンパンマンよりくっきりかな。
新しいせいかもしれませんが。
これなら遊ばなくなったあとも伝言板として使えるかも。

それに何より、本当に2色だった!というのが良かったです。
子どもと一緒に1本ずつペンをもって、それぞれが書いたものが分かりますし、良いです。

…まあ、あまりにも気に入ったおかげで1日にして…
ペンを一本なくしてくれて、1色刷りになりましたけどね!!

…探さなくては。。。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

●「孤独の価値」森 博嗣 [読書レポート]

「孤独の価値」森 博嗣
「孤独」は悪いことではない!孤独人生論。


孤独の価値 (幻冬舎新書)

孤独の価値 (幻冬舎新書)

  • 作者: 森 博嗣
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2014/11/27
  • メディア: 新書



孤独の価値

孤独の価値

  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2014/11/28
  • メディア: Kindle版



読了日:2016.9.17
分 類:エッセイ
ページ:182P
価 格:760円
発行日:2014年11月発行
出版社:幻冬舎新書(幻冬舎)
評 定:★★★★


●作品データ●
---------------
テーマ : 孤独
語り口 : 一人称(僕)
ジャンル: エッセイ
対 象 : 一般向け
雰囲気 : 気ままに
---------------

【100字紹介】
孤独とは何なのか?定義から考察を始め、 何故孤独は悪いというイメージが一般的なのかを解き明かし、 孤独は決して悪いことではなく、得難い価値あるものだということ、 それを和らげ、発散する方法を提案するエッセイ


久し振りに、森エッセイを。
相変わらずの独特のカラーです。
好きな人なら、ああこれだよ、というような。
楽しそうに過ごしていらっしゃるようで、
羨ましいところですが、
まあ誰もが森博嗣になれるわけでもないですし、
なりたいとも限らないわけですが…、
やっぱり楽しそうです。
自分なりの楽しさを見つけて、
この境地を得られるといいな、と思えますね。

さて、本書の内容ですが。
タイトル通り、孤独についてでした。
孤独は、集団生活から外れることで生存を脅かされる可能性のある、
古い本能の延長線にあること、また寂しさと直結していること。
この寂しさについて、人間の気持ちの描くサインカーブの中で、
プラスの頂点とマイナスの頂点がそれぞれ楽しい、寂しいではなく、
微分の頂点(気持ちのサインカーブでは、
マイナスからプラスへ転じるところ、マイナスからプラスへ転じるところ)
であるという説が大変面白いところ。

論考のようでいて、一直線ではなく行きつ戻りつ感があり、
やはりエッセイ、という感じです。
なのにアカデミック風な雰囲気が崩れないのも、
森博嗣らしい気がします。


---------------
文章・展開 :★★★
簡 潔 性 :★★★★
学 術 性 :★★★★
独 自 性 :★★★★★
読 後 感 :★★★
---------------
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

●「すごいぞ!身のまわりの表面科学」日本表面化学会編 [読書レポート]

「すごいぞ!身のまわりの表面科学 ツルツル、ピカピカ、ザラザラの不思議」日本表面化学会編
悪魔が作った「表面」の身近な謎を、科学で


すごいぞ! 身のまわりの表面科学 ツルツル、ピカピカ、ザラザラの不思議 (ブルーバックス)

すごいぞ! 身のまわりの表面科学 ツルツル、ピカピカ、ザラザラの不思議 (ブルーバックス)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/10/21
  • メディア: 新書








読了日:2016.9.11
分 類:一般書
ページ:270P
価 格:980円
発行日:2015年10月発行
出版社:ブルーバックス(講談社)
評 定:★★★+


●作品データ●
---------------
テーマ : 身近な表面科学
語り口 : 教科書調
ジャンル: 一般書
対 象 : 学生~一般向け
雰囲気 : なるべく平易に、とは思ったけど…
---------------

【100字紹介】
「固体は神が創りたもうたが、表面は悪魔が創った」とすら言われる、 複雑な挙動を示す「表面」。 まだまだ分からないこともいっぱい、 理論研究と最新技術でどんどん分かってきてもいる 表面科学を身近なQ&Aから解説


表面は確かに、直下は自分と同じ物質がありながらも、
すぐお隣はまったく別の環境にある、というような
周りを同じ物質で取り囲まれている状態とは
一線を画すような状況です。
臨界、ということばもあるくらいですし。
通常の物理学、特に中高大学初級レベルであれば、
「ただし~とする」というような、「理想状態」を
想定して問題が設定されるわけですが、
表面というのはそのときに真っ先に除外されそうな、
理想状態とはまったく違う環境にあると考えられます、

そんなこんなで、きっと考えるのも厄介だぞう、な表面について
わざわざ選んで研究している「表面科学」。
身近なQを設定して、マニアックにAnswerしていきます。

「曇らない鏡の秘密」
「直毛とくせ毛は何が違うの?」
「ハスの葉はどうして水を弾くの?」
「カタツムリの殻はなぜいつもきれいなの?」
「スマホやPCのディスプレイはどうなっているの?」

章ごとにそれぞれ、日常生活、動物・植物、人間・健康、摩擦、
環境・エネルギー、最先端ナノテクノロジーの表面科学、
とカテゴライズして、全60のQ&Aからなる本書。
こんなことまで「表面科学」の範囲なんだ…!と
びっくりしたり、何だか意外なことも色々と。

コラムには、関係のあるノーベル賞受賞者15組が
紹介されており、表面科学がどれだけ科学界で重要な位置を
占めているかを垣間見る気がします。

文章としては、複数著者による編集著作物のため、
内容が重複したり、若干読みづらいところもありますが、
中身は興味深いものです。複数人で書かれているので、
ちょっとこの人の文章はわかりにくいな、というのも
あったりしますが、企画自体は大変面白いなと思いました。


---------------
文章・展開 :★★
簡 潔 性 :★★★
学 術 性 :★★★★★
独 自 性 :★★★★★
読 後 感 :★★★
---------------


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

●「世界史を変えた薬」佐藤健太郎 [読書レポート]

「世界史を変えた薬」佐藤健太郎
医薬の進歩が世界史を変える!お手軽医薬史


世界史を変えた薬 (講談社現代新書)

世界史を変えた薬 (講談社現代新書)

  • 作者: 佐藤 健太郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/10/16
  • メディア: 新書



世界史を変えた薬 (講談社現代新書)

世界史を変えた薬 (講談社現代新書)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/10/20
  • メディア: Kindle版




読了日:2016.8.26
分 類:一般書
ページ:185P
価 格:740円
発行日:2015年10月発行
出版社:講談社現代新書(講談社)
評 定:★★★★★


●作品データ●
---------------
テーマ : 10の医薬品を巡る歴史よみもの
語り口 : 一人称的(一人称「筆者」)
ジャンル: 一般書
対 象 : 一般向け
雰囲気 : 語りかける風
装 丁 : 中島 英樹
---------------

【100字紹介】
ビタミンC、キニーネ、モルヒネ、麻酔薬、 消毒薬、サルバルサン、サルファ剤、ペニシリン、 アスピリン、エイズ治療薬。これらを柱に、 医療史も含めた医薬品の歴史をかみ砕き、 整理して一般向けに読みやすく解説する


久々のヒットです。
わくわくしながら、どんどん読み進めてしまいました。

100字紹介に挙げたような医薬品(ビタミンCも
医薬品なのか!とちょっと驚いたり。でも確かに
壊血病には特効薬ですね)を章ごとの「主役」に据え、
それにまつわるお話を興味深く読んでいるうちに、
古代から現代までの医薬史がざっと見通せてしまうという、
上手にまとめられた1冊です。

ちなみに。
ビタミンC=壊血病治療薬
キニーネ=マラリア治療薬
モルヒネ=鎮痛剤
麻酔薬として…マンドレーク、麻沸散、通仙散、
 笑気、、エーテル、クロロホルム…など
消毒薬として…塩素水、フェノールなど
サルバルサン=梅毒治療薬
サルファ剤=細菌感染症治療薬
ペニシリン=抗生物質
アスピリン=鎮痛剤
です。

断片的に知っている話も、こんなところに
はめ込まれていくのか、と思いましたし、
何と、そういう仕組みでその薬は働いていたのか、
というところも、かなり一般向けに簡略化されているものの、
それなりの知識で納得できる形で説明されていました。

著者は医薬品メーカーの研究職やら、
某大学さんの理系の広報担当教員などをやって、
現在の肩書はサイエンスライターとのこと。
なるほど、と納得の経歴です。
内容の下地は十分の上、それを一般に向けて
発信する経験も豊富ということですね。
素敵な経歴だと思います。
他の作品にも興味が湧きました。


---------------
文章・展開 :★★★★★
簡 潔 性 :★★★★★
学 術 性 :★★★★
独 自 性 :★★★★
読 後 感 :★★★★★
---------------
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。